子育てブログ ~いろちゃんとあおくんの仲良し日記~

子育てブログです。日々勉強!!主に5歳の娘、2歳の息子について綴っていきます!

これだけとって無料!?クレーンゲーム アプリ 5選

 

みなさんアプリのネットキャッチャーは知っていますか?

ゲームセンターへ足を運ばなくてもネットでクレーンゲームを楽しめるサービスです。

ゴールデンウイークはどこも人が多いと思って、家でネットキャッチャーをして遊んですごしました。

どのクレーンゲームも基本的には課金をして遊ぶのですが

探してみると新規登録で5回無料でできるものがいくつかありました。

ゴールデンウイーク期間中というのもあり、無料チケットをたくさんゲットしてこれだけの景品を無料でゲットしました!!

 


f:id:irotyanntoohana:20180508134336j:image

 

これだけ取って無料ってすごくないですか?!

 

登録したネットキャッチャーを紹介します。

 

セガ キャッチャーオンライン

1つの携帯新規登録で5回の無料チケットをもらいました。(2018年5月2日ゴールデンウィークの特別期間)

パパとママの携帯から登録して合計10回分のチケットをゲット!

セガキャッチャーオンライン

セガキャッチャーオンライン

  • SEGA CORPORATION
  • エンターテインメント
  • 無料

なんとふたつも景品をゲットしました! 

1つは「わくわく大回転!ハイパーエクスプレス」

あおくんがもう少し大きくなったら喜んでくれるはずです(笑)


f:id:irotyanntoohana:20180508134346j:image

f:id:irotyanntoohana:20180508125756j:image
f:id:irotyanntoohana:20180508125755j:image

 

もう一つは「ふたりはプリキュアのめちゃでがぬいぐるみ キュアブラック」です。

いろちゃんの分もゲットしないとケンカになりそうなので頑張りました。無料チケットで取れてよかったです。


f:id:irotyanntoohana:20180508125817j:image

f:id:irotyanntoohana:20180508125821j:image

 

 

②クレーンゲームマスター クレマス

登録は完全無料で5回分の無料プレイチケットがもらえます!

ログインボーナスやイベントなどで無料プレイチケットやポイントなど無料で配布してくれます。こちらもパパとママの携帯から登録して10回分のチケットで遊べました!

play.google.com

ゲットしたのはこれ

リラックマの「ゆるっと毎日りらっくま グランドピアノ」

いろちゃんもあおくんも届いたときはとても喜んでくれました。

サイズも小さくてかさばりません(^^)/


f:id:irotyanntoohana:20180508125758j:image



 ③ネットキャッチャー 鑑定団

play.google.com

獲得した商品は全国送料無料で届けてくれます。

今だけ5000Pプレゼントしてくれます。(2018年5月8日現在)

このネットキャッチャー鑑定団でゲットしたのはこれ

「おままごとショッピングカート」

少し小さめですが十分楽しめます(^_-)-☆
f:id:irotyanntoohana:20180508125854j:image


f:id:irotyanntoohana:20180508125903j:image

 

 

他にも無料でチケットがもらえるネットキャッチャーを紹介します。

④トレバ

1週間に1回送料無料が適用されます。
初回インストール時のみ5回プレイ無料で遊べます。

play.google.com

 

このトレバでも初回無料プレイの時にスヌーピーのショルダーバッグをゲットできました!
f:id:irotyanntoohana:20180508134241j:image

 

⑤ネットキャッチャー みん5

携帯番号認証で5000MP プレゼントされます。

play.google.com

 

この無料のポイントでスプラトゥーンのパスケースをゲットしました!

写真は撮っていません(;'∀')

 

いかがでしたでしょうか?無料でこれだけの豪華景品をゲットできるなんてとても嬉しいですよね!!私のお勧めはたこやきキャッチャーです!


f:id:irotyanntoohana:20180508134022j:image

入らないときは全く入らないのですが、運よく一回でゲットも可能です!

 

紹介したものはすべてたこやきキャッチャーでゲットできました!

運がいいですよね(^_-)-☆

みなさんもぜひやってみてくださいね(^_-)-☆

いやいや期はいつからいつまで?お姉ちゃんの体験談から

最近、下の子(あおくん)のいやいや期が現れてきました。

思い通りにならないと「ぎゃー」と泣き叫びママをいつも困らせます。

お姉ちゃんの病院にあおくんも連れて行ったときのことです。

最近『どうぞ』をするのがマイブームのあおくん。

病院でだれかれ構わず『どうぞ』をします。幸いみなさんとてもやさしい方で『ありがとう』と言ってくれました。

さて、いろちゃんの診察の時間。

あおくんが先生にまで『どうぞ』をし始めました。

さすがに「先生はお仕事中だから駄目よ。ママにどうぞして」と言うと

『イヤー』と泣き叫び暴れ始めました。それからはずっと泣いて暴れてとても大変でした。

このようなことは日常茶飯事で、いよいよいやいや期に突入したか・・・といった感じでした。

成長の段階とはわかっていてもいやいや期ってホントに大変なんですよね。

 

今日はあおくんも始まったいやいや期についてお姉ちゃんの体験談を元に記事にします。

 

f:id:irotyanntoohana:20180307125617p:plain

 

〇いやいや期とは

1~2歳ごろにあらわれます。

思い通りにいかないと泣いたり、叫んだりしてママを困らせます。

何をするにもいやと言うのでこちらの方が嫌になりますw

いやいや期とは子供に自我が芽生え、興味があったら触りたい、自分で何かしたい時期だと言います。今までママから情報がきたものをそのまま受け取っていましたが、自己主張も表れてくるのでママと自分の主張がズレると「いやいや」が現れると言います。

 

〇上の子(お姉ちゃんのいやいや期)

いろちゃんのいやいや期は2歳を過ぎてから現れました。

周りのお友達の子供は2歳前からいやいやが出ていたので

いろちゃんはいやいや期がないのかも!ラッキー!くらいに思っていました。

2歳を過ぎたころにできないことがあると『いやぁ』と泣くようになりました。

これも成長の過程だと思ってママが『こうするといいよ』とやってあげると

更に『いやぁーーーーー』と泣き叫びました。

自分でやりたかったのに出来なくて、ママにそれをやられて嫌だったんですね。

それからは広い心を持っていろちゃんに挑戦させるようにしました。

それでも出来ないことがあるとやはり泣き叫んで終わってしまいます。

この時は何をしても何をやってもダメなので落ち着くまで様子を見ることしかできません。

朝のバタバタしているときにこれをやられるとママもイライラしちゃんですよね。

 

ママもイライラして悪循環になるので何をするにも時間に余裕を持たせてやらないといけません。

 

家だと落ち着いて対応できることも多いのですが、外でこれをやられるととても厄介です。

2歳半になるころ、外でお散歩をしていました。

すると先ほどまで楽しく走り回っていたいろちゃんが急に立ち止まり泣き始めました。

『どうしたの?』と聞くと『歩けない』と泣きます。

抱っこしてあげると抱っこは嫌

バギーに乗せようとするとバギーは嫌

歩くのも抱っこもバギーも全部嫌で

どうしたらいいのーとこちらのほうが泣きそうでした。

 

外でこれをやられるとやはり周りの人にジロジロ見られてしまいます。

おじさんからは「うるさい」と言われ

おばさんからは「こんなに泣かせて。かわいそうに」と言われました。

 

どうしたらいいのか分からずに心が折れてしまいそうでした。

結局、いろちゃんが泣き止むまで待ち、落ち着いたらたくさん抱きしめてあげました。

 

『たくさん歩いて偉かったね。』

 

するといろちゃんも落ち着いて『うん』と言ってまた楽しく遊び始めました。

 

 

いやいや期って子供もだけどママも辛いんですよね。

本当に大変でした。

世のお母さんたちは本当にすごいと思います。

いやいや期の対処法はいろいろあると思いますが、結局泣き止まないことが多いです。

 

何をしても泣き止まないんですよね。

 

子供が泣き疲れて落ち着いたころにたくさん抱きしめてあげてください。

子供の気持ちを代弁してあげてください。

そうすると落ち着く場合が多いです。

 

ママも辛いと思いますが、いやいや期には終わりが来ます。

いろちゃんの場合は3歳過ぎにおさまりました。

3歳を過ぎるとできることが多くなるって手を焼かなくなるので可愛さも倍増しますよ!

 

怒りたい気持ちは分かります。私も実際にたくさん怒っていました。

でも怒るとママのイライラは大きくなるし、子どももストレスを感じて逆効果なんですよね。

イライラの気持ちをぐっと抑えて子供の気持ちに寄り添っていやいや期と向き合いましょう。

私もあおくんのいやいや期にこれから向き合っていかないといけません。もう既にイライラしていますが…( ゚Д゚)

あおくんのいやいや期についてはまた今度記事にしたいと思います。

丁度いやいや期と向き合っているお母さま方

一緒に乗り切りましょうね\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

言い方を変えるだけでやさしい子になれる??

今年の春から晴れて年長さんになったいろちゃんですが

来年いよいよ小学生になります。

幼稚園に通い始めたときにいろちゃんが泣いて帰ってきた日がありました。

どうしたの?と理由を聞いてみると

昨日まで仲良く遊んでいたのに急にいろちゃんと遊ばない!と言われたそうです。

そのお友達の和に入ろうとすると逃げられたり、「いろちゃんと遊ばない!」と強く言われてしまったそうです。

 

子供のすることだと最初は様子を見ていたのですが

今まで楽しく幼稚園に行っていたいろちゃんが急に「幼稚園へ行きたくない」と言うようになってしまいました。

幼稚園までの道のりの中で「今日は〇〇くんきてるかな?」と心配することもありました。

f:id:irotyanntoohana:20180426124605p:plain

 

ある日幼稚園が終わった後に園庭を開放しているので

そこでいろちゃんを遊ばせていた時の事

いろちゃんが〇〇くんの遊んでいるところへ勇気をもって話しかけに行きました。

遠目だったので何を話しているのかは聞こえませんでしたが

気になったので様子を見ていました。

不安そうにいろちゃんが〇〇くんに話しかけた瞬間

〇〇くんはいろちゃんを思いっきり後ろへ押しました。

いろちゃんは何が起こったのか分からず、そのまま泣いてしまいました。

 

〇〇くんのお母さんがやってきて「女の子を押すなんてダメ!!」と強く叱りました。

私もいろちゃんの方へ行きしゃがみ込んでいたのでそのまま立たせて痛いところはないか聞きました。

〇〇くんがいろちゃんへなかなか謝らないからか

〇〇くんのお母さんがいろちゃんと私に「ごめんね、痛かったね」と謝ってきました。

怪我もなかったので「大丈夫だよ」と伝え

〇〇くんに何でいろちゃんを押したのかを聞きたかったので理由を聞いてみました。

 

「いろちゃんが〇〇君の知らないところでもしかしたら嫌なことをしたのかもしれないよね。もしそうだったらごめんね。〇〇くん、いろちゃんを押したのは何かちゃんと理由があったんだよね?どうして押したのかおばちゃんに教えてくれるかな?」

 

「僕の仲いい〇〇ちゃんといつもいろちゃんは遊んでるからなんだ!」

 

「そうだったんだね。悲しい思いをさせてしまってごめんね。でもいろちゃんは〇〇くんの事とっても大好きっていつもお家で教えてくれてたんだよ。大好きな〇〇君にいろちゃんも押されたらとっても悲しいから押すのはやめようね。もし嫌なことがあったらいろちゃんに優しく教えてあげてね。」

と伝えました。

それ以来〇〇君はいろちゃんが嫌がることはしなくなりました。

 

先生にこの話をすると

「いろちゃんは〇〇ちゃんと波長があうようでよく2人で遊んでいました。

もともと〇〇くんと〇〇ちゃんは仲が良くて遊んでいたので新しく幼稚園にきたいろちゃんに〇〇ちゃんをとられた!と思ってしまったんでしょうね。

 まだ幼稚園のうちは柔らかく優しく物事を伝えられないので、

強い口調や身体で表れてしまうんですね。

年長さんになるにつれて、子どもたちと関わる中で

やさしく伝えることを学ぶようになります。

例えばお友達と2人で遊んでいるときに別のお友達が「入れて!」と言ったとします。

「入れてあげない!駄目!」といってしまうと少しイジワルに聞こえてしまいますよね。

それを「今〇〇ちゃんと遊んでるから、終わってから遊ぼうね」と言葉を変えるだけでこんなにも優しくなります。そういったことを園生活の中で見守りながら子供たちに指導していきたいと思っています。」

 

〇〇くんがいろちゃんに強く当たるのには理由があったんですね。いろちゃんには普段からお友達に優しくできるように伝えてきました。

しかし相手の気持ちを考えて行動するのはなかなか難しいものです。

相手のこと思いやる優しい子供になるよう普段の生活から親でも指導しないと感じました。

そして先生からのお話を聞いて言い方を変えるだけでこんなにも変わる!ということが分かりました。

大人になっても言い方ひとつで誤解を招くことがありますよね。。

 

普段の生活から優しく物事を伝えれるよう心掛けたいなと感じました。

 

 

 

家族でIKEAに行ってきました!ママやパパに嬉しい託児サービスがありましたよ★

ゴールデンウィークはイケアに行ってきました\(^o^)/

お買い物中はいろちゃんを預けて1時間お買い物を楽しめました(*^^*)

おむつがはずれてトイレに一人で行けるお子さんは最大60分無料で託児が出来るんです(*^^*)

 ママやパパは中には入れないけど、透明な窓なので子供が遊んでいる様子を眺めることが出来ます。

 

●4歳から10歳までのお子さま
●オムツ、トレーニングパンツを使用せず、自分でトイレに行くことのできるお子さま
●みんなで仲良く安全に遊ぶための「Småland(スモーランド)のおやくそく」が守れること。

引用 IKEAより 

すばらしいサービスですよね!

パパやママに嬉しいサービスです。
f:id:irotyanntoohana:20180505132402j:image

トイレも完備!


f:id:irotyanntoohana:20180505132323j:image

外観はこんな感じ


f:id:irotyanntoohana:20180505132246j:image


f:id:irotyanntoohana:20180505132257j:image  

 待っている間は近くにキッズスペースがあってトムとジェリーが流れていたので観賞しながら待つことも可能です。

混んでいるときはたくさん待ちます(^_^;)待ち時間1時間とありましたが、意外と待たずにスムーズに入れました!

 待ち時間が長い時は申込用紙を書いて番号札をとっておいた方が確実です。一人最大一時間見てもらえるので長い時間待たされるのかと思いきや…入場できる人数は10から20人ほどなので意外と待ち時間が短い可能性もあります(^_-)-☆

大体の入場時間も書いてあるので待ち時間が長い場合はその間にお買い物に行ってもOKです。

 

番号札にバーコードがあるのでアクセスすると順番を確認することもできます。

呼ばれて30分以上たつと無効になる可能性もあるのでご注意ください(;'∀')

 

その他注意事項です。

●お子さまの安全のため、年齢を公的証明書にて確認させていただく場合および入場をお断りさせていただく場合があります。
●安全に遊んでいただくため、定員を設けています。定員に達した場合は長くお待ちいただく場合があります。
●館内放送でのお呼び出しはいたしません。
●番号でお呼びした際にご不在の場合はキャンセル扱いとなる場合がありますのでご注意ください。
●土・日、祝日、春休み、夏休み、冬休みなどは大変混み合います。余裕を持ってのご来店をお勧めいたします。

引用元 IKEAより

 

 

 

 

f:id:irotyanntoohana:20180505132310j:image
f:id:irotyanntoohana:20180505132323j:image

いざいろちゃんを預けてお買い物へGO!!

預かっている間は 携帯電話!?を渡され何かあった場合、振動します。

 


f:id:irotyanntoohana:20180505132342j:image


感想

遊んできた本人に感想を聞いてみると

「お絵かきや滑り台があって楽しかった!!また行きたい!!」だそうです。

IKEAはとっても広いです。いつも混んでいてなかなか利用できないときはいつもいろちゃんが「歩くのきつい!!帰りたい!!」と言われてママもとても疲れて大変でした。

今回このスモーランドを利用してパパやママ、いろちゃんも楽しく過ごせました。

次回も行く機会があったらぜひ利用したいです!!

 

リンクを貼っておきます!!

よかったら利用してみてくださいね(^_-)-☆

m.ikea.com

 

 

姉弟ケンカをやめさせる方法 やってほしい3つの事 おもちゃの取り合い編

いろちゃんとあおくんの年の差は四歳です。

歳の差がある分、興味の対象が異なるため、おもちゃの取り合いやケンカはないと思っていました。

あおくんは先月2歳を迎え、自己主張がどんどん強くなってきました。

そのためか、自分が遊んでいるものを取られたりすると「ギャー」と奇声をあげます。

 

いろちゃんが好きなものはプリキュア

あおくんが好きなものはアンパンマン

好きなものが2人とも異なるのでおもちゃも一緒に遊ぶことも少なく別々のおもちゃで遊んでいました。

しかしあおくんのお誕生日を迎え、アンパンマンの新しいおもちゃが我が家に増えました。

新しいおもちゃが来るとやはりいろちゃんの目も輝き遊びたくなります。あおくんも大好きなアンパンマンで大興奮。

最初は仲良く遊んでいたのですが、最近はあおくんがアンパンマンのおもちゃでお姉ちゃんが遊ぼうとすると「遊ぶな!!僕のだ!!」と言わんばかりに「ギャー」と奇声をあげます。

2歳児のいやいや期を迎えたあおくんは自己主張がどんどん出てきて自分が気になるおもちゃをお姉ちゃんが触るだけで「ギャー」と泣き叫びます。

お姉ちゃんも優しいので「どうぞ」と渡してくれます。

いろちゃんには「下の子には優しくする。貸してと言われたらどうぞしようね」と教えていたのであおくんがおもちゃを欲しがったらママが言わなくても自ら貸してあげていました。

様子を見ていたのですがあおくんのおもちゃの独占欲が強くなってきていろちゃんも「いろちゃんも遊びたいのに…」と我慢していたものがこらえきれず泣いてしまいました。

こうなる前に私が中に入って仲裁するべきだったのではないかと反省しています。

 

この件があっておもちゃの取り合いがあった時にどういう対応をするべきか自分自身も知りたくて調べてみました。

 

f:id:irotyanntoohana:20180502125555p:plain

 

 

①同じものを二つ買ってあげる

親としてはデザインが違うものや色違いのものを買いたくなりますよね。

ただこれってケンカの原因になってしまうんです。

歳の差が近いほど同じものを買ってあげるように心がけましょう。

いろちゃんとあおくんのように歳の差が離れていたり好みが違っているのであれば同じものを二つ買う必要はないかと思います。

 

②パパのもの、ママのものという

このおもちゃはお姉ちゃんのでこのおもちゃはあおくんのものねと決めてしまうと遊びたくなった時に「自分のだから貸さない!!」となってしまいます。

おもちゃを買ったのはママとパパだからおもちゃはママとパパのものだよ!と買うときに決めておいて、おもちゃで遊ぶ時は「ママのを貸してあげる」という形で遊ばせる。

 

取り合ってケンカをするようなら「ケンカをするなら貸してあげない!」とはっきり言いましょう。

仲良くできる人にだけしか貸しません!というと自然と子供たちも仲良く遊んでくれるはず!?です(^^)

 

③高さのある机で上の子を遊ばせる

粘土やお絵かき、人形遊びどの遊びも邪魔されるってきっと嫌ですよね…

 最近お姉ちゃんが遊んでいるのをあおくんに邪魔されないよう高さのある机を購入しました。

その机の上で遊んでいるとあおくんにも邪魔されないし、遊んでいる場面が見えないのであおくんもおもちゃを欲しがることはありません。

 

 おもちゃの取り合いをしているときにやっていけないことは「お兄ちゃんだから」「お姉ちゃんだから」と言うことです。

「お姉ちゃんだから我慢しなさい!」という言葉は言わないようにしましょう。

お姉ちゃんは普段の生活から下の子に優しくしたりお世話をしたりと頑張っています。

そんな頑張っているお姉ちゃんに「我慢しなさい!」はとても悲しいと思います。

あおくんはまだ小さくて言葉をよく理解していません。

なので上の子には

「あおくんはまだよく分からないんだね。次遊ぶ時はあおくんが見えないところで遊ぼうね。あおくんも見てしまうとそのおもちゃで遊びたくなったくなっちゃうもんね。お姉ちゃんいつもあおくんに優しくしてくれてありがとう」と言っています。

上の子に我慢をさせないようにママとの秘密を作ることもしています。

あおくんがお昼寝しているときに「いつもあおくんに優しくしてくれるから一緒にリンゴジュース飲もうね」とか「あおくん見てないから内緒でキャンディーなめようね」とか。ぜひ実践してみてくださいね!

 

いろちゃんが優しい分下の子がどんどんワガママになりそうです(;'∀')

前回書いた記事です。下の子がワガママにならないように調べて書いた記事です。

よかったら一緒に見ていただけると嬉しいです(^^)

 

www.kosodate.online

 

 

 

 

 

 

 

子供がお友達に手を出してしまう! 親にやってほしい5つのこと

最近あおくんは気に入らないことがあるとお友達を押したり、自分の顔を叩いたりすることが多くなりました。

小さな子供だと感情がうまく伝えられないのでお友達を押してしまったり、おもちゃを投げたりすることもあるかと思います。

ママ自身も悲しい気持ちと同時に申し訳ない気持ちがありますよね。

私も日々周りのお友達にごめんね。と言いながら接しています。

感情がうまく伝わらなくてそうなってしまうのは仕方がないことだと思うのですが、どうにかしてお友達へ乱暴をすることをママとしてはやめさせたいですよね。。

お友達への乱暴をやめさせる方法はないのでしょうか?

調べてみました。

f:id:irotyanntoohana:20180427132038p:plain

 

①悪いことをしたらその場で叱る。

外出先だと人の目が気になって叱ることが億劫になりますよね。

ですが叱ることは声を荒げることではありません。

低い声でしっかり目を合わせて「ダメだよ!」と叱りましょう。

また叱り方にも気を付けましょう。

「怖い人に怒られるからやめようね」ではなく「危ないから、壊れるから」と理由をしっかり伝えましょう。分からなくても言い続けることで子供は分かるようになります。

 叱るのはその場で叱る。だらだら叱り続けないようにしましょう。

子供もなぜ叱られているのか分からなくなってしまいます。

 

②夫婦で共有する
ひとりで悩まないでパパに相談しましょう
相談・共有することで、お互いの教育方針を再確認し同じ目標を持ってお子さんに接することができます。
そうするとお子さんへの叱り方にムラがでません。
同じことをしても、ママだと叱られるけど、パパだと叱られない…ということがなくなります。

身近な大人にも叱ってもらう

ママだけではなくパパやおじいちゃん、おばあちゃん、ママ友でもいいです。

叱ってもらえる存在を作りましょう。

おじいちゃんやおばあちゃんはなかなか会わないのでどうしても孫には甘くなってしまうかと思います。

おじいちゃん、おばあちゃんに悪いことをしたらしっかり叱るようにしていると会う前にしっかり伝えるといいのかもしれません。

お義父さんお義母さんの場合は言いづらいかもしれませんが

②の夫婦で共有をするをしっかりできているとパパから相談することも可能です。

 

 

仲が良いママ友にも「悪いことしたらどんどん叱ってね!」と言うこともお勧めします。

 

④自分より小さなお友達や同じくらいのお友達と遊ぶ機会を作る。

あおくんはどうしても上のお姉ちゃんの幼稚園に行く機会が多いのでお兄ちゃんお姉ちゃんと触れ合う機会が多いです。

お兄ちゃんお姉ちゃんはとてもやさしく接してくれるので自分のやりたいことは基本的にやらせてもらっています。

 そのせいかなかなか我慢することを覚えません。

 

自分より小さなお友達がきたら優しくする、譲ってあげることを覚えさせたいのですがなかなか時間の都合が合わず支援センターなどに行けていません。

子育て支援センターや公園に積極的にお出かけして「どうぞ」ができる子に育てましょう。

 

 ⑤子供と一緒に振り替える

あおくんはまだ二歳なので言葉をよく理解していないのですが分かるようになったら子供と一緒に振り替えることをお勧めします。

「今日お友達におもちゃを貸せなかったね」

「お友達遊びたいって泣いていたよ あおくんが遊んだ後に遊びたいお友達がおもちゃ貸してっていったらどうするんだっけ?」

このようなやりとりでいいんです。

しっかり答えることが出来たらよく答えることができたら「次からお友達が貸してっていったら貸せれたらいいね」と励ましましょう。

「どうぞ」ができたら「よくできたね!えらいね!」とたくさん褒めてあげましょう。

褒めることで子供も次も頑張るぞと意欲が湧くと思います。

 

お友達と仲良く遊べれるように大人も一しっかりサポートしていきたいですね(^_-)-☆

 

 

子供がかけっこで1番になれないと泣く どう対応するといいのか。

いろちゃんはとにかく負けず嫌いです。

過去の記事でも書きましたが出来ないことがあると泣いてしまいます。

 

www.kosodate.online

 

家でも競争が大好きで

かけっこはもちろん普段の日常生活でも競争をしたがり

自分が一番でないと大泣きします。

ママもパパも「一番になることも確かにすごいことだけど一番になるために頑張る過程が大事なんだよ」と教えているのですが

なかなか納得してくれず、一番じゃないと嫌なの!とまで言い張ります。

家でこの状態だったので幼稚園ではどうなのか心配でした。

 

f:id:irotyanntoohana:20180424122012p:plain

幼稚園から家に戻ってきたある日

いろちゃんが「幼稚園のお友達はいろちゃんよりかけっこが早いお友達がたくさんいるの。頑張って走ってるのに勝てないの。」と泣いて帰ってきました。

 

いろちゃんに

「幼稚園には足が早いお友達はたくさんいるよ。一番になることはすごいことだけど、いろちゃんが一番になりたくて頑張って走ってることはママ知ってるよ。ママの中ではいろちゃんが一番だからね。」と伝えました。すると少しだけ元気が戻ったのか泣き止んでくれました。

 

先日、幼稚園の家庭訪問があったのでこのことを相談してみました。

「いろちゃんがかけっこで一番になれないと泣くんです。かけっこ以外にも普段の日常生活でも競争をしたがります。家ではいつもいろちゃんが一番なのですが幼稚園だと一番になれないことが多いらしくて…」

 

「いろちゃんお家では泣くんですね。

幼稚園で一番になれないと泣いたことはありませんよ。

悔しそうな顔はよく見ていたのですがすぐに立ち直っているように私からは見えました。家ではママには本音が言えたんですね。

いろちゃんはママの事を信頼してるからはなしてくれたんですね。今日お話を聞けて良かったです。

いろちゃんは今まで一番になることが普通の事だったのが、幼稚園という環境で自分より早いお友達が出てきたことで驚いてしまったんですね。

そして悔しい気持ちも一緒に出てきたんだと思います。急に一番にはなれないです。『一等賞になる』といった大きい目標を持ってしまうと子供もプレッシャーに感じてしまい普段持っている力を出せないこともあるかと思います。

なので目標をきざんでみてはいかがでしょうか?まずはひとり抜いてみる。それができたら3番を目指す。できたら2番・・そして1番を目指す。目標を小さくすることでいろちゃんもその目標を達成できます。達成することで自信にもつながりますよ」

 

 

大きい目標を達成するためにまず小さいことから積み重ねて出来るようにする。

これならいろちゃんでも出来そうです。今日から実践したいと思います。